メインイメージ画像

年齢に応じてウェアの流行りは移り変わっております

身に着けるものを買う際に、サイズについての失敗を回避するための手掛かりは、原材料にどういうものを使用しているのかに着目することです。お店で試着した時はピッタリサイズだと感じても、しばらく実際に使用したり、クリーニングしていると着心地が伸縮することがよくあります。多い例として、ジーパンなどは使用にともなって緩めになるのが通常ですので、少々タイトなサイズで購入しましょう。そして、洗濯すると縮む素材なら余裕を持たせる必要が出てきますから、お店の人にどんな素材を使っているか確認しておきましょう。

身につけるものには、服だけでなくアクセサリもあります。次々に新しい商品が販売される時計やメガネなどのアクセサリですが、いつの時代も好まれる色合いは黒や白といったモノトーンカラーです。モノトーンカラーは合わない人は少なく、誰でも着ることが出来ます。更に、合わせる服との色合わせもしやすく流行にとらわれず長期間楽しめます。

色合わせは難しいので、毎日の服選びに時間が要ります。さらに色は合うもの合わないものがありますので、色の専門家に聞くのも良いでしょう。アクセサリなど小物のセレクトはワクワクすると思いますけども、毎日考える必要がありますから、着こなしに悩むこともあります。そんな日の簡単なコツをご紹介しましょう。

はじめにその日の洋服のテーマを決めるとコツです。イメージを決めてみても良いでしょうし、移動が多い日なら動きやすいかどうかを重視するというのも良いでしょう。また、まずは一つ身に付けたいアイテムを固定して、そこを中心に他に着るものを組み立てていくのも良いですね。こういうやり方をすると、毎朝鏡の前で悩む場面も減るはずです。

更新情報